どのビニール袋が食品に適していませんか?

- Apr 22, 2019-

ビニール袋や他のプラスチック製品は私たちの日常生活のいたるところで見かけることができます、そしてビニール袋の不適切な使用が人体に害を及ぼすことができることを知りません。


プラスチック包装袋は、プラスチックを原料とし、日常生活において様々な物品を製造するために用いられる包装袋の一種であり、日常生活や工業生産に広く用いられている。 一般的に使用されているプラスチック包装袋は、ほとんどポリエチレンフィルムでできており、そのフィルムは無毒であるので、人体に害を及ぼすことなく食品包装袋を食品包装に使用することができる。


ポリ塩化ビニル製のフィルム、PVC製のプラスチック包装袋もあり、ポリ塩化ビニル自体は有毒ではないが、フィルムの用途に応じてビニール袋製造業者が対応する添加剤を加え、これから製造されるプラスチック包装材料は有害物質を含む。人体には特定の毒性があります。 したがって、そのようなフィルムおよびそのフィルムでできたビニール袋は食品を入れるのには適していない。

上一条:食品包装はリサイクルできますか? 次条:ビニール袋の温度特性は何ですか?