食品包装袋の劣化

- Nov 03, 2017-

食品の種類に応じて食品袋は、光分解性、生分解性、環境劣化に分けることができます。


劣化とは、処分された後に環境によって受け入れられる製品の能力です。


分解性が良好であれば、バッグは光と微生物の作用で壊れて分化して分解し、最終的に破片になって自然環境に受け入れられる。 分解性が良好でない場合、環境によって受け入れられず、したがって「白い汚染」を形成する。

上一条:クラフト紙袋の使用 次条:食品包装袋の特性